プランターを使用したぶどうの育て方は?

ぶどうの育て方にはプランターで栽培する方法もあります。
プランターでの栽培は樹勢が控えめな品種デラウェアがおすすめです。
乾燥には耐えるものの湿気に弱い性質があるため、水はけのよい用土選びもポイントとなります。
苗木の大きさに合ったプランターを用意し、用土は赤玉土8割程度に腐葉土を2割程度混ぜるか、ぶどう専用の培養土を使用します。

湿気に弱いぶどうですから、水はけをよくするのを忘れてはいけません。
鉢底が隠れる程度の鉢底石を敷いてから土を入れましょう。
ポットから出した苗木の根を覆っている土を崩したあと、しばらく水に浸して準備しておきます。
鉢底石を敷き土を入れたら根を広げるようにしながら苗木を置き、残りの土を入れ手の平を使い土を押さえ支柱を立てます。

育て方で最も注意するべき点は水の管理です。
土が乾いたタイミングで水やりをしますが、乾燥気味の乾いた土地を好むとはいえ水切れは厳禁。
花が咲き実がついてからの水切れには特に注意し、梅雨などの雨の多い時期には軒下に移動するなどの配慮が必要です。

株が大きくなるにつれ、それまでの鉢が窮屈になり根詰まりを起こす恐れがあります。
育ちが悪くなるのを防ぐため、2~3年に1度植え替えをするのも育て方のコツです。

bd-1

鉢植えで楽しむぶどうの育て方は?

鉢で育てるためには品種選びも大切です。
デラウェアなどはコンパクトに育つので鉢植えにお勧めです。
鉢は、苗の大きさに合うように7号~10号ぐらいを選びます。
植え付けは11月~3月に行います。
鉢植えの場合、排水をよくするために鉢底石を入れます。
土は小粒の赤玉土7~8に腐葉土3~2を加えて配合します。
ぶどうの鉢植えでの育て方は、土の表面が乾いたら鉢底から水が出てくるまでたっぷりと水を与えるようにします。

そして日当たりの良い場所で育てることが大切です。
ぶどうの原産地は、雨があまり降らず乾燥した環境です。
乾燥には強いですが、湿気には弱いです。
だからといって、乾き過ぎてもおいしい実を作る育て方として適さないので土の状態を毎日チェックして水やりを行ってください。

梅雨の時期は軒下の雨があたらないところに避難します。
日当たりよく風通しのいい場所がお勧めです。
ぶどうは実を付けるまでには3年ぐらいはかかります。
それも、肥料の量や日照時間などにより実をつけなかったりするので明確には何年で実を付けるかは分かりません。
植物を育てるということは、根をしっかり成長させ枝をしっかり伸ばし、伸びすぎた枝や花の剪定をして、成長していく過程を楽しむものです。

そして成長段階で育て方も違ってくるので気長に楽しんでください。

bd-2

棚を使って育てることはできるの?

果物売り場で美味しそうなぶどうを手に取り、こんなぶどうを自宅で栽培できたらなどと思う人も多いことでしょう。
ちょっとぶどうを育ててみようかと苗木を手に入れるため、ホームセンターの苗木売り場をのぞいてみるとその種類の多さに初めての人は驚きます。

ここで「どの種類のどの苗木にしようか」大いに迷い楽しみの始まりです。
ぶどうの植え方はさほど難しくありません。
苗木を植える時期に注意して根を崩さず優しく植え、そして水をたっぷりあげることです。
美味しい実をつけさせるには育て方に幾つかのポイントがあります。
鉢植えで育てる、棚などに絡ませて育てる場合でその育て方は大分違ってきます。
鉢で育てる方が一見簡単そうですが水の管理や肥料の与え方を考えると露地植えでの育て方の方が初心者にも育て易いでしょう。

露地植えで棚に絡ませて育てると沢山の実が収穫でき、家族みんなで楽しく収穫することができます。
棚で育てる楽しみは他にもあります。
ぶどうは蔓性の植物なので自分の好きなように絡ませることができることです。
最後に美味しい実にするためのポイントです。
それは、肥料を適度に与えることそして愛情もたっぷりあげることです。
家族みんなで楽しんでください。

bd-3

美味しいぶどうの育て方は肥料が大事!

美味しいのフルーツの代表格と言えばぶどうがあげられますが、育て方はコツを抑えればそんなに難しくありません。

品種を選べば日本中どこでも栽培が可能です。
まずは土づくりですが肥料を程よく加えて肥沃な土づくりをする必要があります。
日当たりが良く水はけも良い場所がベストですが大きめのプランターでも栽培が出来ます。
鍬で深めに耕します。
この時に石や木の根っこ等が出てきたら除去します。
初めての土地では良く耕して日光に当て、また埋め戻し、新しいところを耕し日光を当てることを繰り返すと病気になりにくい土作りが出来ます。

次に肥料を加えますが、三要素であるリン酸、カリ、窒素を良く含んだものを耕した土地に鋤きます。
あまり多めに肥料を加える必要はありません。
鶏ふんなどの有機質のものが望ましいですが化成肥料でも構いません。
ぶどうは苗から植え付けますが、細すぎないしっかりとした苗を植え付けしっかり水やりをすることが美味しいぶどうの育て方のコツです。

ぶどうは蔓性植物なのでどのように育て方でも果実を収穫できますが、あまり樹勢が強くならないよう整枝します。
欲張って樹を大きくしすぎると栄養が行き渡らず実がなりません。
肥料は少しお腹過ぎくらいにした方が、自分から栄養摂取しようとして実が美味しくなります。

bd-4

ぶどうの育て方では剪定が重要なの?

ぶどうは美味しい果物です。
ぶどう狩りに行ってみるとこんな美味しいものを自分で作れたらいいなと思われる方は大勢いらっしゃいます。

家庭菜園で作ってみたい方も大勢いるのではないでしょうか。
育て方のコツは一本の木から欲張って大勢の実を生らさないことです。
栄養を分散させず、適切な量を一本の木から収穫することを心掛けると家庭菜園でも美味しく収穫することが可能です。

まず、土作りが大事になってます。
水はけのよい土地を良く耕し、肥料を与えます。
肥料は有機肥料が理想ですが、肥料の利きが緩慢となります。
化成肥料は即効性があります。
肥料を与えたら数週間は寝かして、土地に肥料を馴染ませます。
この後、苗の植え付けを行いますが、苗は元気のよさそうなものを選びます。

活き活きとしてあまり大きすぎないものが良いです。
植え付けはポットの苗の土を良く落として、新しい地面に慣らして活着しやすいようにします。
ぶどうの育て方で大事なのは、つるを大きく伸ばしてあげることですが、剪定して大きくしすぎないよう気をつけます。

枝の剪定は育て方の基本となり、一本のつるを伸ばし枝があまり生えすぎないようすると多くの果実が着くことを防げます。
剪定ばさみを使い、切ったところは雑菌が入らない様に気をつけます。
病気知らずの美味しいぶどうをどうぞ。

bd-5

ぶどうの育て方を知った後について

ぶどうの育て方を知った後に、ぶどうのことについてもっと知っておくのも良いかもしれないですね。
例えば、ぶどうの栄養面に関する知識を蓄えるなどです。
ポリフェノールの話でぶどうはよく出てきますね。ポリフェノールといえば、レスベラトロールというのがあったりするんですよ。
レスベラトロールってなんだかあまり聞いたことがない、もしくはよくわからないということでしたら、1つサイトを掲載しておきます。